お問合せはこちら

会社案内

会社名株式会社村井水栓製作所
住 所〒544-0034 大阪府大阪市生野区桃谷3丁目17番9号
TEL06-6712-3153

実績

加工・製造の実績をご紹介いたします

弊社では、様々な給排水器具の製造・加工を行ってまいりました。こちらでは、今までに対応した実績の一部をご紹介いたします。

1.設計の見直しの提案事例

弊社では管材メーカー様、部品メーカー様から図面を頂いて製造いたしておりますが、実際の加工方法やコストを考慮し、必要に応じては設計の見直しを提案させていただく場合もございます。実際に弊社で製作した部品において、そのうちのひとつをご紹介したいと思います。

特殊継手の製造

特殊継手の製造

 ✤ 加工内容
特殊継手の製造

 ✤ 問題点
継手の製造において、銅合金鋳物に切削加工を行う仕事でしたが、鋳物の製造段階で設計に少し問題がありました。具体的には、製品の形状によって肉厚な部分と肉薄な部分で流し込んだ銅合金の固まる時間にタイムラグがあり、「巣」が発生しやすくその部分の強度が落ちてしまうという点でした。

 ✤ 実際に行った対策
製品の形状を大幅に変えるわけにもいかず、また一からの削り出しではコストがかかりすぎてしまいます。そこで、製品の用途をお聞きし、鋳造法案などを検討し、安定した品質になるような設計を提案しました。コストを増加させることなく製品の品質を保てたことでお客様から非常に満足していただくことができ、よい仕事ができたと思います。

2.材料変更の提案と手配を行った事例

お打ち合わせにて製品の用途と目的をお伺いしますが、内容によっては材料の見直しを提案させていただいています。
基本的には切削材料が硬いほど加工しにくくコストが高くなるため、用途によっては材料変更によってコストダウンすることができます。その際には、材料の手配も弊社にて行っています

排水器具の素材変更(ステンレス⇒鉄+ステンコート)

加工のご依頼をいただいたときには、材料はステンレスでという指定でした。しかし、製品の用途を聞いていくと、腐食を防ぐためにステンレスにしたとのことでした。強度はそれほど必要ないということでしたので、鉄に腐食防止のステンコートをすることでコストも下がることを提案し、材料の手配から全てお任せいただきました。
RoHS指令対応のための素材変更・表面処理加工にも対応いたします。詳しくはこちらをご覧ください。



給排水器具製造のことならお気軽にご相談ください。
試作・小ロット対応はもちろん、材質や加工方法の見直しで
新製品開発・製造のお手伝いをいたします。

 06-6712-3153 
営業時間:8:30~17:15(定休日:土日祝)


営業時間外は問い合わせフォームをご利用下さい。
こちらから折り返しご連絡差し上げます。

お問合せはこちら